ソロキャンプ未経験者が買ってよかったモノ・後悔したモノ

とある日の真夜中、何がきっかけなのかイマイチ自分でもわからないのだけど、ソロ用のテントをポチってしまう。
テントだけではキャンプできないので、勢いでついでにいろいろポチってしまう。
その後4回のソロキャンプと1回のソロバーベキューを経た現在、あの夜、ソロキャンプ未経験者の自分がうっかり買ってよかったモノ、後悔したモノを振り返ってみる。
決してよかったモノのおすすめではなく、もし、同じようにソロキャンプ始めようかな、という人がここに迷い込んできたのなら、後悔したモノを反面教師にしていただけたらよいなと思う。

 

一晩でポチったもの

購入時、4,495円。
あー、これだから購入歴のあるものを再び見るのいやなんだよなー。
安いから買ったのにー。
もしかすると1回行ってもういいや、てなるかもしれないから、出来るだけ安いものがよかった。
とはいえ、前後メッシュになって、前室があることがMUST。
実際使ってみると、前室がもう少し広いほうがいい。
やっぱり雨の日が不安(耐水圧/約1000mm)。
5、6回の使用だったら、これで十分、コスパいいと思うけど、それ以上行きそうなので、正直、こっち買っとけばよっかたなー、と思ってる。

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用] 170T16400J

重さ(4.4kg)が気になるけど、別売のポールを買えば入口がタープになるのが魅力的だし、こっちのほうが前室広くて、耐水圧(約1500mm)とちょっといい。

 

これもだー、購入時2,899円。
畳んでも結構大きいので、車中泊の時じゃまになりスタメン落ち。
あとこの商品は、座るところがすぐへたるし、リクライニングがバカなのでオススメしない。
サマーベット、チョイ・リゾ(ちょいとだけリゾート気分)で好きなのだけどね。

 

 

 

これは800円だった。
アマゾンって価格変動けっこうあるのね。
タープが別料金のところがあるし、デイキャンプでタープ張るのが面倒くさい時によいと思って購入。
結局、タープ買ったけど、ベンチ入り(車の中で常時待機)。
上記購入のサマーベットに取り付かないのが残念。
(1回無理やり付けて使ったけど壊れそう)

 

 

 

全部画像リンク貼ろうと思っていたけど、想像以上に調整が面倒くさかったので。

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 懐中電灯 ポップアップ 2WAY LEDランタン L1-95 [ 連続点灯時間 60h ]

LEDライト。
コンパクトさをとるか、レトロランタン系の可愛さをとるかでかなり悩んだ。
車中泊にはいい。
この商品は、畳んでいてもちょっとした振動で広がるのが残念。
キャンプでは白色系の灯りは味気なく感じる。
ガスランタンに似た暖色系の灯りのが欲しい。

 

Cisico キャンプテーブル クッカー ウィンドスクリーン シルバー 風よけ 風除板 折り畳み式 8枚

風よけ。
キャンプではまだ使ってない。
風のあるビーチバーベキューで使用。
昔キャンプしていたときは、100均の油よけをちゃんとしたの欲しいなぁと思いながら使っていたので購入したのだけど、100均で代替品あるものを真っ先に購入してしまったことに後悔。

 

キャプテンスタッグ キャンピング食器3点セット M-7519

12cmの鍋とフタと皿。
レトルト食品を温めるには小さすぎる。
カセットコンロで使うには小さすぎる。
だけど下記のミニバーナーやプチBBQ 台で使う分には気に入っている。
ガスカートリッジは入るけどフタが浮く。
もう一回り大きい鍋も買って、1つにまとめて入れる収納袋を作ろうかなぁ、と思ってる。
最初からそういうセット買えばよかった。
できれば鍋に入る小さいヤカンがあればなおよい。

 

Venkaite ポータブルなアウトドアピクニック用 ガスバーナー 折り畳める ミニ ガス バーナー キャンプ用のスチールストーブ コンパクト オレンジ色

私が買ったヤツのリンクなくなってた。多分、同じもの。
小さくて気に入ってる。
小さいってかわいいね。

 

BUNDOK(バンドック) アルミ ロール マット Mサイズ BD-341 レジャー シート 厚さ8mm 防災

取りあえずの銀マット。
芝サイトで使用した分には問題なし。
別に作りたいものが出来たのでその素材に。
ロールではなく折りたたみ式のものが気になっていたので、変わりにEVAフォームのマットを購入してみた。

 

総額12,202円もポチってた。。。

こうして見ると、あー買ってよかったぁ、というよりも後悔しているもののほうが多い。
シュラフ、テーブル、イス、クーラーボックス、食器等は取りあえず家にあるもので、と思ってこの価格。
サマーベットとパラソルと風よけがなければ7,513円。
サマーベットにパラソルって、明らかに真夜中式脳の働き。
シュラフ、イス、テーブルと小物もろもろ入れて、取りあえずの安物だけで15,000円くらいで1セット揃うね。
ソロキャンプスターターセット(シュラフ抜き)9,980円とかあればいいのに。

その後、100均で結構買い物してる。
レシートとってるからこっちもそのうち集計してみよう(ちょっとコワイ・・・)
ダイソーの150円以上のものは後悔したものが多い。
セリアで100円で売っているものが多かった。

うっかりポチってしまったとはいえ、そのおかげでソロキャンの楽しさを知ることができ、今後の人生に大きな彩りを得ることができたので、まぁ、無駄な買い物ではなかった、と思おう。
キャンプは道具を揃えて行くのがこれまた楽しい。

 

結局、何が言いたいかというと、真夜中のネットショッピングは非情に危険

 

真夜中にこういうのみるとうっかりポチりそうになる。

ラーメン、コーヒー、そして俺・・・

ネーミングの勢いに押されて。
昼間だったら、これ取りあえずは全部持ってんじゃん、て冷静に思えるのに。

 

ネットショッピングは頭の冴えてる明るいうちに!

 

[ソロ4]外で食べると何でも美味しいの

 

1日目の夕ごはん

来る途中の道の駅ゆ〜ぱる野尻で買った「とみちゃんの油味噌」(230円)。
これがめっちゃ美味しくって。
キュウリにつけてぼりぼり食べてたら、白いごはん欲しくなって、アルファ米デビュー。

キレイに撮れなかったけど、ごはんと油味噌と塩ふって焼いた椎茸。
アルファ米、意外といける。

 

2日目の朝ごはん

前日の油味噌とアルファ米でおにぎり。
ホントは焼きおにぎりにしたかったのだけど、木炭に火がつかず断念。

 

2日目の昼ごはん

家から持ってきた米粉のパンと豆腐ハンバーグとトマト。
味付けは油味噌とマヨネーズ。
パンと豆腐ハンバーグを炭火で焼いて。
美味しかったぁー。

グッジョブ、とみちゃん!!
この油味噌、すっごく気に入って、帰りに買い占めようと道の駅に寄ったら、もう2つしか残ってなかった。

2日目のおやつ

温泉卵、ウマー!
焼酎はかっぽ酒用の竹に入った霧島。
なんといってもここは霧島ですから。
飲み終わった後は、えびの市限定販売の明月プレミアムを入れておきました。
4、5回冷やで使って、最後にいろりにさして燃やす(温める)らしいが、いろり・・・どこでどうやろ・・・

2日目の夕ごはん

期待していたほどカレーライスではなかった。
リゾットちっくな。
温泉卵を添えて。

 

3日目の朝ごはん

撤収の朝の牛乳使い切りメニュー、グラノーラ。
「ごろっとグラノーラ きなこ仕立ての充実大豆」がお気に入り。

 

撤収の時、食料品片付けしてて、楽しみにしていた焼きマシュマロを食べていないことに気づく。

 

[ソロ4]えびの高原キャンプ村(宮崎)

4回目のソロキャンプは2連泊。

2017/7/13(木)〜15(土)

えびの高原キャンプ村

宮崎県えびの市末永1470

持ち込みテント(1人用) 830円
タープ          510円
協力費          310円
合計(1泊)      1650円

車乗り入れ不可
ゴミ捨て可
共用施設きれい
風呂はお客さんの多い日だけ(7、8組いたけど沸かさなかった)
隣のホテル(えびの高原荘)の温泉割引券をくれる(520円→300円)

 

名物のリアカー
車の乗り入れ不可なので、リアカーで坂道を登ってサイトまで荷物を運ぶ
荷物へらしたぁーい!

近くに眺めのいい温泉あるし、なんといっても標高1200m、下界より10度ほど涼しい。
ソロで1650円は高いなー、と思ったんだけど、涼しさ料金で1000円くらい払ってもいいくらい下界が暑すぎる。
施設もきれいで居心地よく2連泊。
平日は完ソロばかりだったけど、ここは常に5組はいた。
しかも半分はソロ。
ここを起点に連泊して、トレッキングやハイキングを楽しんでいる人たちに人気みたい。

日中は日がさすと30℃超える。
日なたは暑いけど、陰ったり、風が吹くと涼しい。
散歩したり、テント設営してると、汗ばんでくる。
晩はテントの中でも20℃をきる。
冬用のシュラフにくるまって寝た。
ここはサイトの中にもよく鹿が現れるようで、夜中になると鹿の鳴き声らしきもので目が覚める。
見に行きたいけど、シュラフからでるの面倒くさくてウトウト。
完ソロよりも数組いるほうが安心して眠れる。

テントの中から

韓国岳
周りにはハイキング・トレッキングコースがたくさん
不穏な雲、竜巻注意の放送が流れてドキドキ

涼しさと絶景散歩と温泉で極楽♪極楽♪な2日間だった。

 

えびの高原荘
520円→300円
源泉掛け流しの炭酸水素塩温泉
目の前に韓国岳ど〜〜ん!

白鳥温泉上湯
310円
ロッカー 100円
温泉卵 6個200円 1個50円
西郷隆盛が数ヶ月滞在
えびの市内を一望
天然蒸気の蒸し風呂が気になっていたのだけど、「危ないので一人では入らないで下さい」って。
ますます気になるぅ〜〜っ。
裏山を5分ほど登るとプチ地獄が。

 

 

今年10年ぶりにキャンプして思ったのが、大きいテントが増えたなぁ、と。
前室が部屋並に広かったり、タープと一体型になっていたり。
あのもこっもこってした前室がやたら立派なヤツとか、1泊とか2泊向きではないような気がするのだけど。

[ソロ4]出来る女のソロキャンプ

 

3回目のソロキャンがグダグダ過ぎたので、リベンジキャンプ。

まずはキャンプ場選び。
第一条件は、標高1000m以上。
とにかく暑い!涼みたい!
第二条件は、近くに温泉が複数ある。
今回は2泊予定。
毎日違う温泉につかりたい。

そして選んだのが、えびの高原キャンプ村。
標高1200mで、下界よりも10度涼しいと言われている。
えびの高原は霧島屋久国立公園の一部で周りに温泉もたくさん♪

家の冷蔵庫から傷みかけの野菜や冷凍してあったパンなどを持って行く。

出発前にはYou Tubeで、タープの張り方ともやい結びを予習。

午前中、病院や図書館や買い物を慌ただしくすませ、そのままキャンプ場へ。
予習の甲斐あって、1時間かからずにテントとタープを設営。
キャンプ場の横のホテルの温泉入って、晩ごはん。
マジ、涼しい!

翌日はひたすらダラダラ。
ちょこっと散歩したり、土産物屋のぞいたり。
温泉は7kmほど離れたところ。
温泉卵作った。
美味しかったー!

撤収日は、テントとタープを乾かしながらダラダラと片して、いつものように9時半には撤収。
帰りにえびの市限定販売の焼酎を買って、小林市で美人の湯につかって、道の駅で土産買って帰宅。

 

絵にかいたような特に何もしない、ただ涼みに行っただけのソロキャンプ。
たのしー。
キャンプたのしー。
温泉最高!
外で食べると何でも美味しい。
もう少し食べるものに手を入れたいなー。

 

友だちに、最近キャンプ始めたんだーと言うと、連れてって!て言われるけど、テントも調理器具もソロサイズだし、イスや食器も一組しかなくてだねー・・・

 

インスタにキャンプ写真あげてます。
あと最近ハマってる”いぶり暮らし”。
よかったら見てね!⇒インスタ

[ソロ3]3回目のキャンプは失敗だらけ

ソロキャンプ3回目の今回は失敗だらけ。
これまでの2回もいろいろ忘れ物したりあったけど、適当にやって楽しめた。

 

まず、痛恨のミス、キャンプ場選び。
避暑を期待して行ったのに、標高が低すぎた。
暑かった。
暑すぎて、汗でベタベタして、気持ち悪くて、あまり眠れなかったし、それほど楽しくなかった。

 

しかも焚き火までしてしまった。
熱帯夜の焚き火は暑いだけ。

 

タープの張り方がおかしい。
わかる?
通常はポールからのびるヒモは2本らしい。
私、1本しかない。
これが設営しにくかったわけか?
張る方向もよくなかった。
朝、テントが朝日をガンガンに浴びて暑くて眠れなかった。
苦労して張ったけど、なんの役にも立たなかった。
景色重視で張っちゃった。

 

初めてカセットコンロ持っていったけど、手持ちの鍋は小さすぎてのせられなかった。

 

うっかり食料品を買いすぎた。
今回かかった費用は総額4300円。
うち1700円(40%)が食費、外食もしてない、朝夕2食で。
もっと家にあるものを活用しよう。

とはいってもなるべく地元食材を取り入れたい。
川南町ゲシュマック、農場直売店のソーセージとナンコツ。

やっぱ刺し身や寿司には九州のあまい醤油がいいね。
ヤマエの本社は都城市。

牛乳は川南町のトロントロン牛乳。
トロントロンって地名なんだって。
延岡のほうには土々呂(トトロ)があるし、宮崎の地名、他にもこんなんあるのかな。

他にもいっぱい食べてます。

 

全体的に荷物が多い。
キャンプ道具を積んだまま車中泊できるよう減らさないと。

 

次は、次こそは快適楽しいキャンプしたい。
リベンジ行きたい。