おすすめ投稿

【告知】ジム・ジャームッシュ映画展

 

『ジム・ジャームッシュ映画展』に参加します。

ジム・ジャームッシュ監督にまつわるイラストレーションを10名が描きます。
秋の夜長を楽しむ一本が見つかるかもしれません。

入場無料。
暑さもやわらぎ秋の足音せまる青山散策の際には、ぜひお立ち寄り下さい。

 

 

ジム・ジャームッシュ映画展

9月25日(火)〜30日(日)
12:00~19:00
gallery DAZZLE
最寄駅 東京メトロ外苑前駅

 

ZINEを電子化しました

 

昨年作成したZINEを電子化しました。

 

『paso a paso』
2016年、サンティアゴ巡礼の道、サンジャン・ピエ・ド・ポーからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの800kmを歩いた時のことをイラストZINEにしました。(300円)

 

『映画で旅するAtoZ』
ロードムービー、舞台が魅力的な映画など旅に関する映画を集めました。
A-Zのくくりに後悔しつつも、出来るだけおもしろいと思った映画を選びました。(300円)

 

 

『九州のおかしな歩き方』
ZINEじゃないけど、これまでに食べた九州の郷土菓子、銘菓の本店巡りをまとめ中。
目標100件。こちらもぜひご覧下さい。(無料)

 

 

『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』を観る前のおさらい

『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』を観る前に過去作品のおさらいをしました。

ストーリーに具体的には触れないようにはしてますが、石についての整理が目的だったので【ネタバレあり】になっています。

『ブラックパンサー』はまだ観てません。

 

続きを読む

韓国・利川(イチョン)の陶器村へ行く

韓国は2度目だけど、韓国語もハングルもわからない、韓流ドラマも見ない韓国初心者が、個人旅行で利川のサギマッコル陶芸村に行ったときのメモ。

 

東ソウル総合バスターミナル ー 利川総合バスターミナル。
1時間強、4700ウォン。

東ソウル総合バスターミナルは、窓口やプラットフォームの地名に漢字表記あり。
利川総合バスターミナルはハングル表記のみ。

利川総合バスターミナル ー サギマッコル陶芸村。
<タクシー>
7000ウォン。
メーター使用で、googleマップでチェックしていたので遠回りもなし、渋滞もなし。
すごい勢いでメーターが上がっていった。
最新の地球の歩き方には5000ウォンとあるので、メーターいじっていたのかな・・・

<24番市バス>
1300ウォン。
利川総合バスターミナル、乗り場も降り場も目の前の道路を渡った所。
サギマッコル陶芸村も真ん前にバス停あり。

 

サギマッコル陶芸村

一カ所にショップが集まっているので、ショッピングがすごく楽。
日本で見かけないようなデザイン、伝統的なもの、素朴なもの、お洒落なもの、モダンなものなどショップによってカラーが違い、テンションがあがる。
エリア内にカフェもあった。

 

(ぜーんぶショップ♥)

 

利川は米どころとして有名なので、ランチには韓定食を。

ガイドブックにも記載、ネットでも評判の高い「青木(チョンモク)」へ。
地球の歩き方には、サギマッコル陶芸村の向かいにあるような記載だけどちがう。
道路を渡り、陶芸村を背に左側に5分ほど歩く(ゆるやかな坂を下っていく)。

「青木(チョンモク)」では、混んでいたらレジ横で番号札をもらう(機械でなく人から)。
英語通じず。
待ち合いスペースは広く、番号を呼ばれるが韓国語。
番号の表示はなし。
自分の番号を呼ばれているかかわらないので、30分くらい待って番号を知らせている人に番号札を見せにいった。
ジェスチャーで「待っとけ」と合図され、しばらくすると呼びにきてくれた。

12000ウォンの韓定食(写真は2人分)。

この品数とビジュアルにテンションあがるけど、正直あまり好きなおかずはない。
だけど、ごはんはすごく美味しかった。
美味しかった。
ただ、、、
石釜についたおこげがすっごくすっごく食べたかったのだけど、ヘビーユースされまくった石釜は傷だらけのせいか、おこげがなかなかはがれなかった。

利川の陶磁器は結構重め。
ソウルで買うよりは安いのかもしれないけど、あまり安いとは感じなかった。
窯での直売ではなく、店舗を設けているのでしょうがないのかな。
せっかくなのでお菓子用に小皿を2枚購入。
どちらも同じ店で10000ウォン。

 

ショップ巡りは楽しかったし、ごはんは美味しかったし、買った小皿はすごく気に入っているしで、わざわざここ来るために韓国まで来てよかったと思う。

 

昨年12月から、韓国のLCCイースター航空が宮崎ー韓国間を飛ぶようになり、往復航空券(諸費用込み)16,330円だった。
これなら、GWに有田や伊万里の陶器市に行くより安そうだと思い、行くことにした。

乗客は、日本人より韓国人のほうが圧倒的に多かった。
土曜日出発の時はまだ日本人もちらほらいたけど、平日の帰りの便なんて日本人1割もいなかったんじゃないかな。
宮崎に何しに来るんだ、と思っていたら、ベルトコンベアでゴルフバックがたくさん流れていた。
韓国はゴルフ場料金がかなり高いみたい。
確かに宮崎は安い。
平日18ホール4000円きるのもめずらしくない。

今知ったけど、ゴルフ場のいくつか韓国企業に買収済み・・・
イースター航空就航もそのためか。

(2018年4月時点)

 

[追記]
石釜のお焦げは、ごはんをよそったあとお茶を入れて蓋をして、ヌルンジ(おこげスープ)にして食べるらしい。

外リンパ瘻生活1周年、久しぶりの飛行機

昨年の今日、4月26日に耳の不調が発生してから1年がたった。
最初は低音障害型感音難聴と診断されていたが、今通っている総合病院で飛行機が原因の外リンパ瘻(ろう)と言われる。
全部で4つの病院に行った。
手術、入院はなし。
投薬(ステロイド含)、点滴、安静生活をしたものの、聴力の改善は全くなく。

ネットで情報収集するものの、発生してすぐ治療を受けたらほぼ治った人か私より症状がひどくて手術した人のものばかりで、手術するほどひどくはないけど長く症状と付き合ってるという人の情報になかなか出会えない。
治ったという人がいれば希望がもてるし、悪化したという人がいればその原因がわかるのなら気をつけたいと思うのだけど。

海外旅行が一番の趣味なので、もう二度と飛行機に乗れないのかと絶望的な気持ちにもなったけど、ここ2、3ヶ月は症状が軽いので思い切って1年ぶりに飛行機に乗ってみることにした。

飛行時間は、1時間40分。
出発前日、念のため薬(アデホスコーワ・イソバイド)をもらいに病院へ。

気圧コントロールの機能がついた耳栓、「サイレンシア フライトエアー 飛行機用耳せん」を見せて、これを付けて飛行機に乗るのはいかがなものか聞いてみる。
先生はなぜこれが効果があるのか全くわからないと言う。
だけど、付けても害はないということなのでダメもとで付けて乗ることにする。

耳栓をつけて、離陸着陸時にはアメを舐めるかガムを噛んだ。

結果、

行きは、異常なし。

帰りは、つばを飲んだ時の耳の中のバリッという感じが中途半端というか違和感があって嫌な予感がした。
行きと違い、天候が悪く、乱気流の中の飛行だったのがよくなかったのか。
降りてから、少し耳閉感と音が割れる(響く)感じが強くなっていたので、薬を再開。
日がたつ毎に少しずつ症状が悪化している。
やはり、飛行機はダメなのかな。。。

今の先生は安静は関係ないと言うけど、低音障害型感音難聴と言われていた時に強く安静を勧められたこともあり、ネットで調べると外リンパ瘻でも安静を言われた人がいるみたいなので、当分薬を飲んで大人しくしていようと思う。

飛行機、だめなのかぁ・・・

1年改善されなかった聴力は、もう戻る可能性はないのかも聞いてみた。
例としてはある、と。
発症してからかなり時間がたった人が手術をして、しばらくすると聴力が戻っていた。
ただ、若い方が治りやすいというのはあり、その人は高校生だった。
その1件を教えてくれたのみなので、可能性としては低いということなのか。

361日目/364日目 発症してから初めての飛行機。調子が悪くなる。

384日目 相変わらず調子悪い。飛行機に乗ったことを後悔。遊びに行くベストシーズンに長距離運転が心配で出歩けないなんて・・・
発症してから間もなく、県外の病院に行っていたら何かちがっていたかな。と、それも後悔。