外リンパ瘻生活1周年、久しぶりの飛行機

昨年の今日、4月26日に耳の不調が発生してから1年がたった。
最初は低音障害型感音難聴と診断されていたが、今通っている総合病院で飛行機が原因の外リンパ瘻(ろう)と言われる。
全部で4つの病院に行った。
手術、入院はなし。
投薬(ステロイド含)、点滴、安静生活をしたものの、聴力の改善は全くなく。

ネットで情報収集するものの、発生してすぐ治療を受けたらほぼ治った人か私より症状がひどくて手術した人のものばかりで、手術するほどひどくはないけど長く症状と付き合ってるという人の情報になかなか出会えない。
治ったという人がいれば希望がもてるし、悪化したという人がいればその原因がわかるのなら気をつけたいと思うのだけど。

海外旅行が一番の趣味なので、もう二度と飛行機に乗れないのかと絶望的な気持ちにもなったけど、ここ2、3ヶ月は症状が軽いので思い切って1年ぶりに飛行機に乗ってみることにした。

飛行時間は、1時間40分。
出発前日、念のため薬(アデホスコーワ・イソバイド)をもらいに病院へ。

気圧コントロールの機能がついた耳栓、「サイレンシア フライトエアー 飛行機用耳せん」を見せて、これを付けて飛行機に乗るのはいかがなものか聞いてみる。
先生はなぜこれが効果があるのか全くわからないと言う。
だけど、付けても害はないということなのでダメもとで付けて乗ることにする。

耳栓をつけて、離陸着陸時にはアメを舐めるかガムを噛んだ。

結果、

行きは、異常なし。

帰りは、つばを飲んだ時の耳の中のバリッという感じが中途半端というか違和感があって嫌な予感がした。
行きと違い、天候が悪く、乱気流の中の飛行だったのがよくなかったのか。
降りてから、少し耳閉感と音が割れる(響く)感じが強くなっていたので、薬を再開。
日がたつ毎に少しずつ症状が悪化している。
やはり、飛行機はダメなのかな。。。

今の先生は安静は関係ないと言うけど、低音障害型感音難聴と言われていた時に強く安静を勧められたこともあり、ネットで調べると外リンパ瘻でも安静を言われた人がいるみたいなので、当分薬を飲んで大人しくしていようと思う。

飛行機、だめなのかぁ・・・

1年改善されなかった聴力は、もう戻る可能性はないのかも聞いてみた。
例としてはある、と。
発症してからかなり時間がたった人が手術をして、しばらくすると聴力が戻っていた。
ただ、若い方が治りやすいというのはあり、その人は高校生だった。
その1件を教えてくれたのみなので、可能性としては低いということなのか。

361日目/364日目 発症してから初めての飛行機。調子が悪くなる。

384日目 相変わらず調子悪い。飛行機に乗ったことを後悔。遊びに行くベストシーズンに長距離運転が心配で出歩けないなんて・・・
発症してから間もなく、県外の病院に行っていたら何かちがっていたかな。と、それも後悔。