備忘録」カテゴリーアーカイブ

旅と本

旅モノの本の中でも特にお気に入りのやつ。
随時更新予定。
こうしてみると、インドもの多いなぁ。
恐ろしいくらいネタを持つ国。
やっぱり本の舞台になっている国で読むのが好きなんだな。

 

「深夜特急」沢木耕太郎
「香港・マカオ編」持ってって、深夜特急ごっこした。

「赤毛のアン」モンゴメリ/村岡花子訳
旅モノじゃないけど、この本きっかけでプリンスエドワード島行った。
持ってったけど、シャーロットタウンの図書館に全巻揃ってた。

「河童が覗いたインド」妹尾河童
うちにあったんだけど、インド携帯用にダラムサラのジャパレスで再入手。

「上海の西、デリーの東」素樹文生
同じくらいの時期に東南アジアを旅していたので、いろんなこと思い出しながら読んだ。@プリーの日本人宿。

「インド旅行記」中谷美紀
とても女子の旅行記ってカンジ。

「深い河」遠藤周作
インド・ネパール旅行中、ムショーに再読したくなって、カトマンズのジャパレスに通った。(チキンカツカレーの美味しいとこ)

「アルケミスト」パウロ・コエーリョ/山川紘矢訳
エジプトの次に入ったヨルダンでもらった。
エジプトで読みたかったなぁと思ったので、エジプトに向かっている人にあげた。

 

旅に出たくなるやつ。

「巡礼コメディ旅日記 僕のサンティアゴ巡礼の道」
ハーペイ・カーケリング/猪俣和夫訳

「パタゴニア」椎名誠
椎名誠さんの本は読んでてくやしくなる。
わたしも男だったらなぁ、って。

「ガンジス河でバタフライ」たかのてるこ

「だいたい四国八十八ヶ所」宮田珠己

 

旅と本と言えば”ブックエックスチェンジ”。
本は旅をする。
浪漫がある。

旅に出たくなる映画

旅に出たくなる映画、過去の旅を思い起こさせる映画の記録。
随時更新予定。(★行ったことある街)
同じ映画を見ても、人によって興味やそれまでの経験、思い出が違うから、旅情の感じ方も違う。
行ったことある街が舞台の映画を見るの好き。

マイ・ベスト・ロードムービーは、『愛しのタチアナ』。(2015.12.09時点)

世界各国
『食べて、祈って、恋をして』
(ローマ・インド・バリ島★) ロードムービー・女一人旅
『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』
(エチオピア・コロンビア・トリニダード)音楽ドキュメンタリー

アメリカ
ニューヨーク★、メンフィス、ラスベガス★
『マイ・ブルーベリー・ナイツ』 ロードムービー・女一人旅
ニューヨーク★
『ゴーストバスターズ』 撮影で使われた消防署に行った
『セックス・アンド・ザ・シティ』
『はじまりのうた』 かっこいいNY
ロサンゼルス★
『プリティーウーマン』 ロデオドライブ
『マップ・トゥ・ザ・スターズ』
ニューイングランド島
『ムーンライズ・キングダム』
モンタナ→ワシントン
『天才スピヴェット』 ロードムービー・男の子一人旅・鉄道
テキサス州ーメキシコ国境付近
『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』 ロードムービー・馬で越境
アラスカなど
『イントゥ・ザ・ワイルド』 ロードムービー・男一人旅 旅情誘引度5

ハワイ★
『ブルークラッシュ』 憧れのルームサービス朝ごはん

カナダ
プリンスエドワード島★
『赤毛のアン』 旅情誘引度5

アルゼンチン、ペルー、チリなど
『モーターサイクル・ダイアリーズ』 ロードムービー・男二人旅 旅情誘引度5
アルゼンチン
ブエノスアイレス★ など
『ブエノスアイレス』
メキシコ
オオハカ・アカプルコ
『天国の口、終わりの楽園』 ロードムービー・ドライブ・バカンス
キューバ・アメリカ
ハバナ・NY
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』 ドキュメンタリー

ヨーロッパ
ロンドン、パリ、ローマ
『ユーロトリップ』 ロードムービー・若者4人旅

フランス
パリ★
オススメ!「映画で歩くパリ」佐藤久里子著
『ミッドナイト・イン・パリ』 パリ!パリ!oh,パリ!!!まるで夢のよう♥
『パリ、ジュテーム』
『ポンヌフの恋人』
『アメリ』
『新しい靴を買わなくちゃ』
『パリの恋人』
コートダジュール
『泥棒成金』 
パリ・南仏
『フレンチ・キス』

イギリス
ロンドン★
『ノッティングヒルの恋人』
湖水地方★
『ミス・ポーター』

スコットランド
グラスゴー
『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』

スペイン
バルセロナ★
『それでも恋するバルセロナ』 バカンス
カミーノ・デ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ
『星の旅人たち』 ロードムービー 旅情誘引度5 巡礼の道歩きたくなる

イタリア
ローマ
『ローマでアモーレ』
『ローマの休日』
『バチカンで会いましょう』
ヴェニス
『リトル・ロマンス』
『旅情』 大人の女一人旅
『ベニスに死す』
シチリア島など
『ゴッドファーザー3』

ドイツ
ゲルリッツ
『グランド・ブダペスト・ホテル』

フィンランド
ヘルシンキ
『かもめ食堂』

スエーデン
ストックホルム
『魔女の宅急便』

ポルトガル
リスボン★
『リスボンに誘われて』 坂、路面電車、振り返った時に見える海
『リスボン物語』

クロアチア
ドブロブニク
『紅の豚』

トルコ
イスタンブール★
『007ロシアより愛をこめて』 おまけにイタリア・ヴェニスも。
カッパドキア★
『雪の轍』 雪のカッパドキア

エジプト
カイロ★・白砂漠
『カイロ・タイム』 川沿い、ハン・ハリー、ピラミッドなどカイロ満喫

モロッコ
『セックス・アンド・ザ・シティ2』 サハラ砂漠★
アイト・ベン・ハッドゥ
『アラビアのロレンス』

ヨルダン
ペトラ★
『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』 ペトラ遺跡ではついつい口ずさんだ

ニューカレードニア
『天国に一番近い島』

インド
インド各地
『ザ・フォールス 落下の王国』 旅情誘引度5
アムリトサル★
『聖者たちの食卓』(ドキュメンタリー) 一緒に食べたよ
カルカッタ★・ダージリン★
『バルフィ!人生に唄えば』
ムンバイ
『めぐり逢わせのお弁当』 チャパティ食べたくなる
ラジャスターン地方★
『ダージリン急行』 男3人旅 ウェスのインドに行きたい
ジャイプール★・ウダイプル
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』

タイ
バンコク★
『サヨナライツカ』
チェンマイ★
『プール』
ピピレイ島
『ザ・ビーチ』 バックパッカー

香港
『恋する惑星』 重慶大厦

日本
与論島
『めがね』 海辺でまったり
四国
『旅の重さ』

 

第4回クリエイタ−EXPO終了しました

ブースにお立ち寄りの皆様、おしゃべりに付き合ってくださったクリエイタ−の皆様、本当にありがとうございました。
この機会を有意義なものにするため、今後いっそうの工夫と精進を積み重ねていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

初めての参加で、準備の際は過去に出展された方々のブログをかなり漁って参考にさせていただいたので、自分も一例残しておこうかと思います。
すでにバリバリお仕事されている方への参考にはなりません。
まだまだ駆け出しで、これから営業に力を入れて行こうかという状況で出展を考えている方の何らかのヒントになれば幸いです。

 

続きを読む

名画座

『バルフィ!人生に唄えば』をもう一度見たいなーと思って、ダメもとで上映している映画館を探してみた。
ら、あった。
映画館には3つの種類があるらしい。
ロードショー館、ミニシアター、名画座。
この名画座では、主に旧作映画を上映。なんと、2本立てで上映するところもあり、入場料金は1,300円前後。知らんかったー。もっと早く知りたかったー。別に新しい映画をいち早く見たい!、とかないし。どうせなら、なるべく安く面白い映画に当たる確率の高いほうがいい。旧作2本、多いに結構。しかも、新作1本見るより安い!

早速、都内で2本立ての名画座を調べた。

 

<2本立ての名画座>
飯田橋ギンレイホール(飯田橋)
一般1500円。年パス10800円
早稲田松竹(高田馬場)
一般1300円。
目黒シネマ(目黒)
一般1500円。
シネマヴェーラ渋谷(渋谷)
邦画中心。一般1400円。会員システムあり。
新文芸坐(池袋)
一般1300円。会員システムあり。
キネカ大森(大森)
名画座2本立て料金1300円。サービスデー(水)1100円。会員システムあり。

 

上記映画館の個人的にオススメ上映予定。
『シンプル・シモン』『チョコレートドーナツ』は2回見た。

1/10〜1/16(キネカ大森)
『めぐり逢わせのお弁当』『バルフィ!人生に唄えば』
1/3〜1/16(飯田橋ギンレイホール)
『シンプル・シモン』『チョコレートドーナツ』
1/17〜1/23(早稲田松竹)
『マダム・イン・ニューヨーク』『チョコレートドーナツ』

 

キネカ大森、『バルフィ』の同時上映の『めぐり逢わせのお弁当』は、気になっていたけど見逃しちゃったヤツ。
まじーーー!すごーいっ!!!
来年の映画初めはこれで決まりだね。
上映期間が1週間しかないから、見逃さないようにしないと!

 

<その他の名画座>
神保町シアター(神保町)
古い邦画。各回完全入替制。レディスデー(水)1000円。
下高井戸シネマ(下高井戸)
一般1000〜1800円。サービスデー(火)1000円。会員サービスあり。
ラピュタ阿佐ヶ谷(阿佐ヶ谷)
一般1200円。サービスデー(水)1000円。
東京芸術センター シネマブルースタジオ(北千住)
1回1000円/8回6000円/15回10000円。会員システムあり。

名画座じゃないけど、UPLINK(渋谷)で、1/23(金)まで「見逃した映画特集2014」やってる。 ⇒ 上映カレンダー

 

 

<年パスのある映画館>
飯田橋ギンレイホール
UPLINK(渋谷)

 

<その他、お安く>
イオン シネパス(制約ありすぎ・・・)
東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋) (1本500円、見たいものがあれば・・・)

 

日本国内および世界各国の映画産業の各種統計データ (封切本数、入場者数、興行収入、平均入場料金、スクリーン数) ー ユニジャパン