月別アーカイブ: 2015年1月

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』

2014年・アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ
人間ドラマ
監督:デヴィッド・クローネンバーグ

ハリウッドのセレブファミリー、セレブ向けセラピストの父、有名子役の息子、ステージママのワイズ一家。この一家には秘密があった。ワイズ・パパのセラピーを受ける落ち目の女優ハバナは、フロリダから来た少女を新しい個人秘書として雇う。この少女は、問題を起こし施設に入れられていたワイズ一家の長女だった。秘密が明らかになってゆく・・・

 

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』オフィシャルサイト

 

20150130_map

 

最初から、全員が全員、心に闇を持っています感全開。
富と名声を手に入れたハリウッドセレブたち。
最後、芋ずる式に闇が爆発していく。
まるでそれを待っていたかのごとく。
ジュリアン・ムーア、いいねー♪

『二重生活』

 

2012年・中国、フランス
メロドラマ・ミステリー
監督、脚本:ロウ・イエ

本妻と娘、愛人と息子、二重生活を送るヨンチャオ。
ヨンチャオの浮気相手の女子大生が、車にはねられ死亡する。検死の結果、事故の前に頭部に打撃を受けた跡が。
それぞれの愛憎が交差する殺人事件がからむメロドラマ。

『二重生活』オフィシャルサイト

 

20150129_二重生活

 

う〜ん、おもしろさがわからんかった。

 

 

チューリップ

 

セツで描いた水彩、処分前に8分の1にカットして、裏にらくがき。
なんとなく気になった断片があったので、画用紙でなんちゃってマット作って、100均の額に入れてみた。

去年の春の人物水彩のときの。
セツ展前で、アトリエが1つ絵の置き場になってつぶれちゃったので、急遽、中庭がアトリエに。
あれからもうすぐ1年経つのかぁ・・・

早いね。

 

IMG_4546

 

 

 

wordpressのデフォルトテーマ、twentyfifteenが気になってブログを1つ立ち上げた。
うりは、「モバイル・ファースト」。
スマホやタブレットで本領発揮っぽい。
画面の大きさで、ヘッダー画像が横行ったり、上行ったり。
(合う画像みつけにくそう・・・)
フォントの大きさも変わる。
わたしはスマホもタブレットも持ってない。しかも、デスクトップ。
ちょっと、んん・・・てカンジ。
画像はともかく、メニューが横なんも、ちょっと勝手悪い。

このブログは、twentytwelveを子テーマで、ちょこっといじってるだけ。
シンプルなんがいいわ。

さぁ〜て、せっかくだしどう料理するか・・・     ⇒これ

 

変更個所;
・フォント 明朝→ゴシック
・記事の題名のフォントを小さくした。

『ペイネ 愛の世界旅行』

 

全くこんなところで出会うなんて。

新宿のブックファースト

IMG_4544

『ペイネ 愛の世界旅行』
1974年・イタリア
アニメーション

天国から愛のパスポートをもらったバレンティノとバレンティナは、愛を求めて世界中を旅する。日本にも来るよ。

 

画集のような、あまぁ〜い、あまぁ〜いの想像して見たら、少し意外な感じだった。
戦争や紛争の起きている地域に行っていて、画集のようなロマンティックで美しい世界ではなく、結構、暗い影のある世界。
風刺がびりっときいていて、テーマ性(ラブ&ピース)が強い。
ペイネらしい、ラブラブバカップルぶりや、くすっとかわいいとこももちろんあるけど。

レイモン・ペイネ大好き。
こんな絵描けたらいいのにー!って思っているイラストレーターの一人。
絵もかわいいけど、なんといっても世界感がたまんない。
アニメ映画が出てるのは知ってたけど、見ることはないだろうなーと思ってた。
しかも、中古で190円。

あー、画風かえよっかな。

 

20150125_ペイネ

 

ペイネ風に『雨に唄えば』

 

なんでだろう

 

スタバの前通る時、ガラス越しにリンゴのマーク見るとなんだかちょっと気恥ずかしくなる。

 

20150123_スタバ

 

他のメーカーのは平気なんだけどね。