月別アーカイブ: 2016年2月

『バンド・ワゴン』

ようやくアステア・スクリーンデビュー。
DVDでしか見たことなくって、スクリーンで拝みたい・・・と思っていた矢先、シネマヴェーラ渋谷でアステア祭りがあると。
喜んだのもつかの間、わたしは行けない日程。
がっかりしていたら、アテネ・フランセ文化センターで『バンド・ワゴン』やってた。

落ちぶれ俳優トニー・ハンター(アステア)に、旧友マートン夫妻が自分たちの書いたミュージカルへの出演をもちかける。情熱的芸術家肌ハイテンション演出家のコルドバと新鋭バレリーナのガブリエル(シド・チャリシー)が加わり、舞台化、大ヒットを目指す。

アステア様のあの優雅でしなやかで軽やかな動き、人間じゃなくて妖精かなにかじゃないかと思うのだけど。
正直言うと、まだ若くて鶏ガラ歌丸師匠化する前のアステア様のが好きなのだけど、これは脇役(コルドバとマートン夫妻)がすっごく魅力的でおもしろいから好き。

 

ミュージカル
1953年/アメリカ
監督:ヴィンセント・ミネリ

 

バンドワゴン

 

見に行ける人が心の底から羨ましい。
全部見たい。

ミュージカル映画特集 – ジャズで踊って
2016/3/5〜25
シネマヴェーラ渋谷

 

前回から更新、結構時間あいてるねー。
相変わらずチョロチョロと映画は見ているのだけど、最近は3月からの旅行のことで頭がいっぱいで、ヒマがあると他人の旅行記ブログ探して読んでる。

『あなただけ今晩は』

これ、好き!!

『お熱いのがお好き』『アパートの鍵貸します』が面白かったので、ものすごぉ〜く期待して見た。
大抵、期待が大きいとがっかりするけど、これは期待以上。
なんか嬉しくってずっとニヤニヤしながら見てた。
さすがやわ、ワイルダー様。

真面目で純粋なネクター(ジャック・レモン)は警官をクビになり、娼婦イルマ(シャーリー・マクレーン)のヒモになる。イルマに他の男と寝て欲しくないネクターは、あるアイデアを思いつき、あの手この手でイルマが客をとらなくていいように苦心するラブ・コメディ。

ジャック・レモン、わたしの中でものすごく好感度高い。
シャーリー・マクレーンがまたかわいい、キュート。
イルマの住んでる部屋もかわいいんだ。
そして、二人を取り巻く娼婦たちがまた華やか。
ずーっと楽しげな雰囲気。

『あなただけ今晩は』
1963年/アメリカ
監督:ビリー・ワイアルダー

 

あなただけ今晩は

 

ジャック・レモン&ビリー・ワイルダー、好き。
『フロント・ページ』『 恋人よ帰れ!我が胸に』『お熱い夜をあなたに』『新・おかしな二人/バディ・バディ』も見なきゃ。
他にもあるのかな。