月別アーカイブ: 2016年4月

ベネチアの歩き方

image

image

晴れの日のベネチアは、息してるだけでウキウキする。

迷路みたいに張り巡らした運河と小路。
行き止まりもいっぱい。

image

これだけの規模と状態で街を保存してるってスゴイ。
ディズニーシー並に物価もお高め。
しかもイタリア、座るだけで値段がはねあがる。
なのでどうしても立ち飲みの機会が多くなる。

image

やっぱ海来たらシーフード食べたい。

image

べネチア、オレンジのカクテル飲んでる人多くて、気になっていたので頼んでみた。

ふらふら散策しながら、こんなの見つけるとセンサー鳴る。

image

地元のおじさまがたがたむろってる小さなお店。

image

見つけた時に入らないと、迷路の中で次はない。
なので、仕方なく、ホント仕方なく、午前中から立ち飲み。
しかもハシゴ。

この街の中をふわふわと漂ってるのが、楽しくないわけない。

image

image

image

ベネチアの路、全部歩くぞう!と意気込んで、おんなじとこぐるぐる回ってた。

ベネチア歩き、ホント楽しかった。

image

コソボ中世建造物群巡り

2016年4月

経路順:
グラツァニッツァ修道院(プリシュティナ)
リュヴィシャの生神女教会(プリズレン)
デチャニ修道院(デチャニ)
ぺーチ総主教修道院(ぺーヤ)

デチャニ以外の3つの街に宿泊。
すべてbooking.comで予約。
ゆっくり回ったけど、プリシュティナ起点で2泊とかでも回れそう。

グラツァニッツァ修道院

プリシュティナのバスターミナルからグラツァニッツァまで、約20分、50¢。
バスを降りて進行方向に5分ほど歩くと、左側に長い塀が見えてくる。

image

入場無料
小さな教会だけど、壁天井柱をみっちり埋め尽くすフレスコ画は圧巻。

リュヴィシャの生神女教会

プリシュティナからプリズレン、バス、約1時間45分、4ユーロ。
プリズレンのバスターミナルから歩いて約10分。

image

敷地の中にすら入れない。

デチャニ修道院

プリズレンからデチャニ、バス、約2時間、4ユーロ未満。
プリズレンからペーヤまで(4ユーロ)払った後で、途中デチャニを通ることに気付いた。

ロータリーのとこでバスを降りて、skenderbea通り、坂になるころ二又に、右側。
坂はずっと緩いのできつくない。
バス降りて、修道院見て、バス停戻るのに一時間半くらいだった。

image

wpid-oi000050_1.jpg

お昼休みあるから注意。

途中の道が長閑でよい。
修道院も雰囲気がすごくでてる。

ぺーチ総主教修道院

デチャニ→ペーヤ、バス、約20分、1ユーロ(ホントに1ユーロかなぁ)
中心地から歩いて約30分。

image

どこも中は撮影禁止だけど、とても素晴らしかった。
最後、泣きそうになるくらい。
素晴らしい教会に行くと、ホントその影響力に畏怖さえ感じる。
信者でもないのに、敬虔な気持ちになったり、手を合わせたくなる。
宗教関係でどれだけの戦争が起きて、どれだけの人が死んだか。

神様はいない、というのは、サンタクロースはいない、というくらいあじけないので、私には緩い多神教くらいがちょうどいい。

コソボの独立は2008年。
国連加盟国196ヵ国中、111ヵ国が承認(日本含む)、85ヵ国が否認。
コソボはセルビア人にとって、歴史的に重要な地とされているが、いまやアルバニア人の国。
めちゃくちゃ仲悪い(殺し合うくらい)。
政治的に不安定で、アルバニア人はセルビア正教会のこの建造物を壊そうとするので、危機遺産リストにのっている。
ちなみにコソボは世界遺産条約未締約なので、セルビアの世界遺産として登録されている。
という、複雑な世界遺産。
コソボ自体観光客少ないみたいで、私行った時、4ヶ所とも観光客見かけなかった。
オフシーズンってのもあるかもしれないけど。