月別アーカイブ: 2016年12月

トレド・メモ

(2016年11月時点)

コインロッカー

トレドのバスターミナルにはコインロッカーあり。
dsc03065

こういうのが2つ。
大人気の観光名所なのでシーズン中は充分な数ではないだろうけど、空いていたらラッキー。

dsc03066

料金は、小:1.8ユーロ 大:3ユーロ。
インフォメーションで、申込用紙に名前・住所等記入し、料金を払い、トークンをもらう。

 

 

バスターミナルからパラドールへの行き方

パラドールの近くまで行く市バスは、7.1番。
鉄道駅とバスターミナルの最寄りのバス停は通らない。
ビサグラ門の近くのバス停に止まる。(ツーリストインフォメーションあり)
1時間に1本。

タクシーは、ビサグラ門:6ユーロ強、バスターミナル:10ユーロほどだった。

 

 

バスターミナル、鉄道駅から旧市街まで

バスターミナルの近くにエスカレーター(無料)できてる。
すごい便利!!
大きな荷物がなければ歩いて楽に行ける。
余裕があればビサグラ門から歩いて入るのも気分があがってよい。

dsc03068

 

 

スターウォーズのなかのスペイン広場(セビリア)

先日訪れたセビリアのスペイン広場が、『スターウォーズ エピソードⅡ』のロケ地になっているということなので確認してみた。

 

1218

 

パドメの出身地の惑星ナブー。
前に見た時は全く気づかなかったけど、出るぞ、出るぞ、と思いながら見てたらすぐわかった。
全景はだいぶいじられてるけど、寄るとがっつりスペイン広場。

 

1218_0001%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

パメラとアナキンが話しながら歩いてる1分あるかないかのシーン。
スターウォーズシリーズの中でも、ナブーはきれいな星じゃないかと思うんだけど、このシーンもうっとりするくらいきれい。
けど、たった1分のためにこんなところまで来て撮影するんだ、とびっくり。

今、スピンオフの『ローグ・ワン』やってるんだよね。
見に行く予定はなかったのだけど、ついでだからエピソード2だけでなく、1と3も借りて見ていたら、ちょっと見たくなっちゃうねー。
でも、R2−D2出なさそうだしな、どうしよっかなー。

 

チョイ住み in セビリア

 

 

 

1215

 

長いことスペインに行ってみたいと言われ続け、最近はNHKの『チョイ住み』という番組にハマり、自分もやってみたいと言う母、それならば、とスペインでチョイ住みをやってみることにした。

わたしはこの番組をちゃんと見たことがなかったので、サイトで軽く内容確認。

”チョイ住み”は、その街に、まるで引っ越したような、全く新しい旅番組。
ガイドブックを眺めつつ、名所景勝を駆け巡るうちに、あっという間に1週間。帰国すればヘトヘトに…。
そんな旅をしがちな現代の日本人に、新しい旅のスタイルを提案する新番組「チョイ住み」。コンセプトは「その国にちょっとだけ住んでみる」。
普通の家に住み、日用品を買い、食事を作り、近所の地図を覚え、その日ふと思い立った場所へ出かけ、地元の飲み屋でクダをまき、疲れたら家でテレビを見る。現地の人と同じ目線に立つことで、ガイドブックには載っていないその国の姿が見えてきます。

ふむふむ、とりあえず1週間ほどアパートを借りて、観光しない日が2、3日あればいいかな。
以前から個人から部屋やアパート、一軒家を借りれるAirbnbに興味があったので、ちょうどいいや、くらいに思っていた。

まずは街探し。
条件は、「11月の終わりにあまり寒くない」「田舎過ぎず、都会過ぎず、生活にも交通にも便利」「ぶらぶらするのが楽しい」街。
そこで選んだのが、アンダルシアの中心、観光でも大人気、スペイン人からもよくお勧めされる可愛い街、セビリア。
以前、2ヶ月ほど滞在したことがあり、わたしは特に行きたいところがあるわけではないので、余裕を持って相手のやりたいことを優先出来るかな、と思ったのだけど、のちにこれが大きな仇となってしまった・・・

そして、アパート。
これは最初からAirbnbを使おうと思っていたので、アプリをインストールして、登録。
セビリアの中でも雰囲気があり、飲食店・お土産屋さんも多く、カテドラル・アルカサルが近くて観光に便利なサンタ・クルス街あたりがいいなぁ、と目星をつけ、地図表示をベースに探す。
過去のゲストからの評価が高くて、出来るだけ安いところ、そして、ベッドルームが2つ。

一度設備の整ったアパートメントに味をしめると、ホテルに泊る気がしなくなる。
自分で掃除やゴミ捨てをする必要があるけど、ホテルとは比べ物にならないくらい広い部屋、自由に使えるキッチン、洗濯機。
ただちょっと不便なのは、事前に連絡したチェックイン時間を守らなければならないこと。
家やアパートを丸ごと借りる場合、ホストは別の場所(大概近い)に住んでいるので、待ち合わせをして鍵を貰わなければならない。

実は今回のチョイ住みは大失敗だったのだけど(最後ストレスで熱出た)、アパート生活は快適、機会があったらまたぜひ利用したい。
女友だちと3、4人で旅行とか安くあがるしすっごく楽しそう。

 

『グランド・ブダペスト・ホテル』ロケ地巡り

確かに初めてこの映画を見た時、ここ行ってみたい!!って思ったけど。
まさかこんなふうにチョロッと行けちゃうとは思わなかった。

『グランド・ブダペスト・ホテル』の舞台、ズブロフカ共和国ネベルスバートは架空の町。
ロケは主にチェコとドイツ。

1212_0003

 

カルロヴィ・ヴァリ(チェコ)
チェコ最大の温泉地。
ネベルスバードも温泉地♨♨♨
温泉地といっても気軽に入れる浴場はなく、みんな飲泉を楽しんでる。
鉄味でまずかった。
高級スパや本格的温泉療養施設はある。
ラーズニェ5(Alzbetiny Lazne)の温泉プールに行ってみたけど、ただのプールでがっかり。

ここにあるホテル、GRAND HOTEL PUPPとTHE PALACE BRISTOL HOTELがホテルの外観のモデルになっているらしい。
GRAND HOTEL PUPPの裏には、ケーブルカーもあるの。
鹿の像のモデルもあるみたいだったのだけど、雪が降っていたので探すの断念。

1212_0001

 

ドレスデン(ドイツ)
ケーキ屋MENDL’Sの内部は、乳製品屋さんのPfundsMolkerei。
映画のまま、ゴージャスでため息がでるくらい美しい。
観光バスがひっきりなしにやってくる。
残念ながら、内部は撮影禁止。

1212_0002

そして、美術館はツヴィンガー宮殿。
ここの一部はアルテ・マイスター絵画館になっていて、ラファエロの天使がいる。

ここにいるって知らなかったから、ちょーうれしかった。
かわいー。

 

ゲルリッツ(ドイツ)

1212

おもなロケ地といえばゲルリッツ。
ドイツで一番美しい町とも言われ、いくつもの映画のロケ地になっている。
ウンターマルクト(Untermarkt)の広場や周辺の小道が映画の中にでてくる。
メンデルや新聞屋さんのある道は見つけた。
しかも、ホテルの内部は近くの旧デパート。
残念ながら現在は中に入れないけど、窓からのぞき見ることはできた。

 

 

【おまけ】ズゴジェレツ(ポーランド)
Przy Jakubie
川沿いのレストラン。
蔦に覆われていて可愛い。
柱に映画関係者のサインがある。

ここで飲んだ”warm beer with spice”がおもしろかった。
ホットワインのビールバージョン。
果物、ナッツ、、スパイス、ビールを、電気ポットにぶっこんでつくる。
ポーランド風餃子も美味しかった。

(クリックすると大きくなる)

A

餃子とビール2杯で900円くらいよ。

ドイツのゲルリッツとポーランドのズゴジェレツは、第二次世界大戦前までは1つの町だった。
ドイツとポーランドでは物価に大きな差があるので、宿泊や食事はポーランド側を利用した。

 

 

(2019.2.13 追記)

ロケ地を巡ったときのことを、スライドショーにしました。

ポルトガル

今回はリスボンからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの約610km、ポルトガルの道を歩きたかったのだけど、青い矢印に導かれるまま脱線してファティマに向かい、足の調子が悪くなったのでそのままリタイアとなった。
その後、ファロ、サグレス、エボラ、シントラを観光。

 

1211

 

ポルトガルはちょっとマイナー気味だけど、西欧の中では一番物価が安く、可愛いものがたくさん。
特に色とりどりのアスレージョ(タイル)を壁に敷き詰めた家々は見ていて本当に楽しい。
料理は、よくいえば素材の味を活かす、ぶっちゃけ塩ふっただけ、で、結構日本人の口には合う。
お米もよく食べるし、魚介類もよく食べる。
そして、何よりパンが美味しい。

 

1211_0002

 

ポルトガルのお土産でよく目にする幸せをよぶ雄鶏”ガロ”。
昔、巡礼者が無実の罪で縛り首に。
お食事中の裁判官に無実を訴える巡礼者曰く、
「無実の証拠にこの鶏の丸焼きが鳴き出すだろう」
翌朝、さあ、刑執行!、となったその時、鶏の丸焼きが「コケコッコー」と鳴き、巡礼者は刑を無事免れました、というお話。
フランス人の道にも似たような話を持つ町があったね。

 

そして、ファティマはポルトガル随一の聖地。
1917年聖母マリアが出現、3人の子供たちがメッセージを受け取る。
この時、多くの人が奇跡を目にしており、バチカンもファティマを聖母出現の地として公認している。
予言の一部は公開されておらず、「第三の秘密」として関心を集めている。

 

1211_0001

 

たくさんの人がファティアを訪れ、一日数回あるミサや祈りは多言語対応。
特に夜の祈りは、人々が手にする蝋燭の灯火で広場が埋め尽くされ、すごく幻想的な雰囲気。
最初の聖母出現の5月13日、最後の10月13日は毎年ものすごい人が来るらしい。
ポルトガルで一番土産物屋さんが多い町じゃないかと思うんだけど、ほとんどが宗教関連グッズ。
聖母出現のスノードーム、買っとけばよかったかな。。。